イベント

ホーム >  イベント >  【第2〜4回、開催延期となりました】ならしのパパスクール 全4回

【第2〜4回、開催延期となりました】ならしのパパスクール 全4回

▶︎大切なお知らせ▶︎

本イベント《子育てを楽しもう!ならしのパパスクール》について
第2回〜第4回(2/20、3/6、3/20)のすべての開催日程を変更させていただくこととなりました。

直前での急なお知らせにて誠に申し訳ございません。何卒ご容赦くださいませ。
本イベントを楽しみにしていただいておりました皆さまに、深くお詫びを申し上げます。

変更日時が決まり次第、改めて本HP・SNS等でお知らせいたします。
改めてご確認いただきご参加くださいますよう、どうぞよろしくお願いいたします。


\家族で、地域で、子育てをもっと楽しみたいパパ、集まれ!/

▶︎地域活動のサポートや参加者同士の交流が人気の「はじめる講座」。
今回は「パパの育児」「パパならではの遊び方」「パパのワーク・ライフ・バランス」など全4回の講座を通じて「パパとは?」を考え、学び、講座内でも実践していきます!

▶︎講座内容はもちろん、ゲストや参加者同士の交流を深め、新しいネットワークづくりにも!
パパスクールを通じ「父親を楽しむ!」「子育てを楽しむ!」パパ仲間を増やしましょう。
お子さんと一緒の参加もOKなので、パパ&子どもはもちろん、プレパパもぜひ!
.
【全4回内容&日時】

▷2/6(土)第1回:「WHAT is パパ?どう育児に参加したらよいの?」
子育てを取り巻く社会の変化/パパとママはこんなに違う/産後のママのケア/子どもの成長・発達を知る など

▷2/20(土)第2回:「パパ大好き!と言われる「パパ遊び術」を知ろう!①」
パパならではの読み聞かせ術/ダイナミックな遊び方 など

▷3/6(土)第3回:「パパ大好き!と言われる「パパ遊び術」を知ろう!②」
屋外で段ボールなど廃材を活用したクリエイティブな遊び方 など

▷3/20(土)第4回:「パパとしてのワーク・ライフ・バランスを考えよう」
日本のパパのワーク・ライフ・バランス/「地域活動」でパパネットワークを広げよう など

各回とも13:00〜15:00
.
【場所】プラッツ習志野内(第3回のみ屋外予定)
※会場は申込参加人数により変動予定、受講者の方には前日の18:00頃お知らせいたします。
※リアル開催に伴い、ソーシャルデイスタンスの確保、手指の消毒、換気など新型コロナ感染症対策を行い、安全を保ちながら開催をいたします。
.
【参加対象】お子さんのいる全てのパパ(お子さんと一緒の参加もOK!)、これからパパになるプレパパ
.
【参加料】ちば割り1組各1,000円(通常1組各1,500円)
※ちば割り=千葉県内在住もしくは在勤の方限定のお得な割引となります。千葉県外在住もしくは在勤の方は適用外となります。
※単発受講も可能ですが、連続受講をおすすめします。人数が多い場合は、連続受講の方を優先させていただきます。
.
【定員】15組30名
.
【申込方法】要事前予約につき、下記フォームよりお申込みください。
https://forms.gle/847sMUALS8qvVMkHA
.
【持ち物】
筆記用具
着替え・オムツ・飲み物・お気に入りのおもちゃ1〜2つ(※お子さんと一緒の参加の方のみ)
.
【お問い合わせ】フュチャーセンターのメールまで(future_center@narashino-fufure.jp)ご連絡ください。

---------------------------------------------------
【講師紹介】
▷第1・3回 村上 誠さん(むらかみまこと)
NPO法人ファザーリング・ジャパン理事、秘密結社主夫の友 総統
1971年生まれ。千葉県市川市在住。妻、父、長男(06生)次男(12生)の3世代家族。里親として3歳児を養育中。
実母の介護を機に自身のワーク・ライフ・バランスを見直し、育児と介護のダブルケア、妻の産後職場復帰・両立・キャリア支援のためにも兼業主夫となる。
「主夫=主体的に家事育児に携わる男性」と定義し、男性の育児・家事参画、夫婦関係、祖父母の孫育て、地域での子育て支援など幅広い家族・育児テーマを取り扱い、全国で講演活動やイベント出演をしている。

▷第2回 下山田 力さん(しもやまだちから)
(株)緑門代表、船橋パパ会事務局、NPOエナジーエデュケーション副理事長ほか
『まずやってみる』をモットーに、「緑門」は農業。「ふなパパ」はゆる~い地域コミュニティづくりと活動。「NPOエナジーエデケーション」は科学教育とアクティブラーニング(PBL教育など)を実践。やってみたいと思うことと、実際やることは違うけど、思ったらやっちゃおう!のゆる~い価値観で仕事も子育てもパートナーシップも地域活動など喜怒哀楽しながら、活動中!

4回 藤田和典さん(ふじたかずのり)
船橋パパ会副代表、都内ゼネコン勤務、船橋市男女共同参画推進委員
長男の誕生をきっかけに社内キャリア研修でFJ(ファザーリング・ジャパン)安藤代表の講座を受講したことから子育て地域活動に興味を持つ。妻が船橋ワーキングマザーの会に参加していたことから、ワーキングマザーの会にパートナー(つきそい)として参加。同様に参加していた高橋代表、下山田さん他と共に船橋パパ会を立ち上げ、「パパの居場所を創る」「ママの笑顔を作る」「こどもたちの体験をつくる」という3つのツクルを活動のコンセプトとして活動中。